今西酒造株式会社
(桜井市大字三輪510番地)

今西酒造は酒造り発祥の地「三輪」に残る唯一の酒蔵です。当蔵は三輪山は古来から「三諸山(みむろやま)」と呼ばれている事また、三輪山は「杉」に神様が宿るとされている事から350有余年「三諸杉(みむろすぎ)」という商標で酒造りを行っています。仕込み水には三輪山の伏流水、米は三輪産、と「三輪」に拘っています。



<蔵元周辺の名所旧跡観光紹介>
三輪明神 大神神社(おおみわじんじゃ)

酒造りは三輪の地からはじまったといわれています。大神神社は日本最古の神社で、本殿を持たず、三輪山をご神体として祀っている神社です。 三輪山は古来から「三諸山(みむろやま)」と呼ばれ、「うま酒みむろの山」と称されるは「みむろ・・実醪」すなわち「酒のもと」の意味で、酒の神様としての信仰からの呼び名であるとも言われています。 そのため毎年11月14日には大神神社に全国中から蔵元・杜氏が集まり「醸造祈願祭(酒まつり)」が行われます。境内では振舞酒も行われ、多くの参拝客・観光客でにぎわい、また醸造祈願祭の後には全国中の蔵元へ杉玉が配られていきます。 (今西酒造HPより)
未成年者の飲酒は法律で禁止されております。
当店では未成年者の方には酒類を販売いたしません。
生酒商品ご購入の場合、自動的にクール料金が加算されます。
三諸杉 菩提もと
上品な甘味と心地良い酸味。

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ
みむろ杉 純米吟醸 吉川産山田錦
雄町の深みと膨らみのある甘みが広がります。

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ
左画像は720ml用です。
原料米 吉川産山田錦 精米歩合 60% 酵母 9号 アルコール度 15度 日本酒度 +1 酸度 1.8
みむろ杉 Grazia a Dio 純米吟醸
雄町の低アル酒。芳醇で旨味があり、軽快な喉越し。

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ
左画像は720ml用です。
みむろ杉 Dio Abita 純米吟醸
山田錦の低アル酒。軽快で喉越しが良い。

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ
左画像は720ml用です。
みむろ杉 純吟山田錦 おりがらみ
フレッシュな香りとほんのりとした甘さ。

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ
左画像は720ml用です。
みむろ杉 純米大吟醸 露葉風
穏やかな香りで瑞々しい米の旨味が広がります。

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ
左画像は720ml用です。
みむろ杉 純米吟醸 雄町 ひやおろし
雄町特有の旨味と膨らみがしっかりと味わえます。

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ
左画像は720ml用です。
みむろ杉 純吟雄町 華きゅん
やわらかで飲みやすい雄町酒。

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ
左画像は720ml用です。
みむろ杉 純米大吟醸
落ち着いた柔らかな味わいです。

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ
左画像は720ml用です。
みむろ杉 特別純米 辛口
キュッと締った辛口の純米酒。バランスの良い味わいです。

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ
左画像は720ml用です。
みむろ杉 純米吟醸 山田錦
華やかでやや辛の中に山田錦の旨味が広がります。

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ

お買い物カゴを確認する
ご進物にされる場合は化粧箱が必要です。
カートンを選ぶ
左画像は720ml用です。

奈良・大和は日本酒発祥の地

日本酒は奈良で誕生しました。弥生時代の後期(5世紀後半西暦400年代後半)に大陸から酒造りの技術が伝わりました。 その後100~200年の時を経て日本酒独特の技法が生まれます。おそらく飛鳥時代に明日香の地で日本酒の濁酒が 完成されていたと思われます。
室町時代に、濁酒だった日本酒が澄んだお酒になります。奈良正暦寺(しょうりゃくじ)の僧侶たちが造り始めたお酒から 布で濾す習慣が生まれました。清酒の誕生です。濾して澄んだ酒は「奈良酒」と呼ばれ一世を風靡しました。 濾して出来た酒粕で奈良漬が誕生しました。奈良酒と奈良漬は全国に知れ渡ります。
奈良では脈々と続く伝統の技によって現在も美味しいお酒がたくさん育まれています。
是非一度奈良の美酒に酔いしれてください。
日本酒発祥地、奈良からお届けします!
〒636-0123
奈良県生駒郡斑鳩町興留6-2-5
もも太朗
TEL0745-75-6600  FAX0745-75-5858