メルマガ登録

日本酒発祥の地、
奈良の美味しい旬のお酒を紹介いたします
     アクセス
 有限会社 ももたろう
*本店
 奈良県生駒郡
     斑鳩町興留6-2-5

 営業時間: 9:30〜21:00

*JR奈良駅ビエラ
  もも太朗店

 JR奈良駅ビエラ奈良2階
 年中無休
 営業時間:10:00〜21:00

   
今月は「今西清兵衛商店」をご紹介します。

新ブランド 倭姫(やまとひめ) 純米吟醸 原酒瓶囲い
倭姫は天照大神の御杖代として大和国(奈良県)から諸国を巡行して伊勢に入り、神託により伊勢神宮内宮を創建したといわれています。
純米吟醸 倭姫は地元奈良で栽培した五百万石を、新酵母(1901)に挑戦し,キレの良さはそのままに、膨らみのある酸と米の味わい、やわらかな吟醸香という調和のとれた、春鹿の従来商品の味わいとは違う旨酒に仕上がりました。

お酒にあう簡単なお料理のご紹介
地元奈良で契約栽培した五百万石を使った限定品”倭姫”に
同じく県産食材紅芯大根を合わせました。
今西清衛兵商店の従来商品の味わいとはまた違う旨酒に美しい
色で愉しむ肴はいかが。
   
                詳細レシピはこちら
写真・レシピ提供:上村早紀
器:見野大介

奈良・大和は日本酒発祥の地

日本酒は奈良で誕生しました。弥生時代の後期(5世紀後半西暦400年代後半)に大陸から酒造りの技術が 伝わりました。おそらく飛鳥時代に明日香の地で日本酒の濁酒が完成されていたと思われます。 室町時代に濁酒だった日本酒が澄んだお酒になります。奈良正暦寺(しょうりゃくじ)のお坊さんたちが造り始 めたお酒から布で濾す習慣が生まれました。清酒の誕生です。濾して澄んだ酒は「奈良酒」と呼ばれ一世を風 靡しました。濾して出来た酒粕で奈良漬が誕生しました。奈良酒と奈良漬は全国に知れ渡ります。 奈良では脈々と続く伝統の技によって現在も美味しい奈良の地酒がたくさん育まれています。

風の森
鷹長
櫛羅
篠峯
百楽門
花巴
梅乃宿
大倉
春鹿
神韻
豊祝
三諸杉
升平
倉本
千代乃松
初霞
猩々
やたがらす
五神
菊司
山鶴
斑鳩の里
御代菊
リキュール
焼酎